リンク表示:

千日尼(せんにちあま)

日蓮大聖人の御在世当時、佐渡在住の門下。夫・阿仏房[あぶつぼう]とともに大聖人帰依し、佐渡の女性門下の中心者として活躍した。大聖人の身延入山後も、毎年のように夫を大聖人のもとに送り出して御供養をお届けし、夫亡き後は子息を身延に送るなど、師を慕い信仰を深めた。女人成仏謗法の罪の軽重などの法門について大聖人に質問するなど、求道心あつく、そのことを大聖人からたたえられている。▷阿仏房